母の日の花でカーネーション以外は何がいい?鉢植えでもいいの?

公開日: 

5月の第2日曜日は母の日ですね。

これを読んでいると言う事は、お母さん又は感謝する人に花を贈りたいと言う事ですね。

とても良い事ですね!

母の日の定番と言えばカーネーションですが、ほかにはどんな花をあげるのがいいの?

そんな疑問があるでしょう。

なので、ここでは

・母の日の花でカーネーション以外は何がいい?

・母の日の花は鉢植えでもいいの?

この2つを紹介しますので、気に入る花が見つかると良いですね。

また鉢植えを贈る事はいいのか?も見て下さいね。

スポンサードリンク

母の日の花でカーネーション以外は何がいい?

母の日の定番、カーネーション。

でも毎年お母さんに贈っている偉い人はこう思うはず!

「たまには違う花を贈りたい」と。

それだけお母さんに喜んでもらいたいと言う気持ちの表れですね。

あなた優しいですね(^^)

 

それだけの気持ちがあるだけで十分でしょうがそれを形で表現して行きましょう!

では
どんな花が良いのか?を早速紹介します。

 

母の日にバラ

母の日にバラ

ゴージャスなイメージがある「バラ」を贈る人は多いです。

バラは花束でもらうイメージが強いですが、数本でもとても良いプレゼントになりますね。

 

バラの花言葉

バラは色によって花言葉が変わってきます。

  • 赤: 情熱、愛情、愛する、美しさ
  • ピンク: 温かい心、感謝
  • オレンジ: 絆、信頼、愛嬌
  • 白: 心からの尊敬、清純、相思相愛

※白は年配の方に送る時は仏事のイメージになるので注意。

  • 黄: 友情、あなたを愛しています

※相手が黄色が好き以外で贈る時はジェラシーなどの意味があるので注意。

 

なので母の日には「赤、ピンク、オレンジ」がいいのではないでしょうか。

 

バラは本数で花言葉が変わる!

面白い事にバラは本数でも花言葉があるんですよ。

・1本:一目ぼれ、あなたしかいない

・3本:愛している、告白

・7本:片思い

・11本:最愛

・99本:永遠の愛

・108本:結婚しよう

などがあるので母の日は、1本や3本が良いですね。

特にオススメなのが、「11本の最愛」です!!

オシャレにバラを11本渡すのはいいですね。

 

母の日にガーベラ

母の日にガーベラ

ガーベラは母の日に人気の花です。

色の種類もあり、花自体も可愛いので人気があるのも納得ですね。

女の人でガーベラが好きって人は多いのでオススメです。

 

いろんな色を組み合わせて、花束にすると華やかになり綺麗ですよ!

また、その綺麗な姿を長持させたい時は、毎日水を変えて茎を少しずつ切ると良いですし、日光を好む花なので見当たりがいい所に飾ると良いです。

「日当たりのいい所に飾ってね!」と言って贈ると良いと思いますよ(^^)

 

ガーベラの花言葉

ガーベラの花言葉は色によっても変わりますが、基本的に「希望、前進」などの元気で明るいイメージですよ。

色別では

ピンク:崇高美、感謝、思いやり

・白: 希望、律儀、純粋、純潔

スポンサードリンク

: 神秘、情熱、愛情

黄色: 究極美、優しさ、暖かさ

オレンジ: 我慢強さ、あなたは私の輝く太陽

 

などがあり全体的にとても母の日に向く花ですね。

これらの色を組み合わせて贈ると喜んでくれるでしょうね!

 

母の日にヒマワリ

母の日にヒマワリ

ひまわりと言うと、なんだか大きいイメージがありますが、今は小ぶりな可愛いサイズのヒマワリがあります。

いつも明るいお母さんに贈るのにオススメな花です!

 

ヒマワリの花言葉

ヒマワリの花言葉はとても明るい言葉で、

「あなたは素敵」「いつもあなたを見てる」

明るいお母さんにピッタリですね!

 

母の日にダリア

ダリアは母の日にピッタリな花でしょう。

花ビラが多く豪華、まるまるとして可愛くもあります(^^)

 

ダリアの花言葉が母の日にピッタリ

ダリアも色によって意味が変わります。

 :栄華、華麗

・白 :感謝、豊かな愛情

 :栄華、優美

となっています。

 

特に「白のダリア」の花言葉が感謝ですね。
なので母の日にはピッタリですよね!

 

母の日の花は鉢植えでもいいの?

花を贈る、と言うとまず思いつくのが、切り花で作る花束ですね。

どちらが良いのか?

これはあげるお母さん次第です。

 

鉢植えは長く花を楽しむ事が出来るけど、手入れをしないとダメ。

切り花は楽しむ時間が短いけど、花瓶に移すだけで簡単なので、忙しい人に向きますね。

 

もし贈るお母さんが花を育てる事が好き、ガーデニングが趣味なら鉢植えを母の日にプレゼントすると良いですね。

上手く育てえる事が出来れば、毎年花を咲かせるので良いですよね。
そしてお母さんが毎年、イキイキと花の自慢をして来るかもw

そんな姿を見れるのが鉢植えをプレゼントするメリットでもありますね!

 

母の日の鉢植えはどんな花がいい?

オススメは「ベゴニア」です。

花言葉は、「幸福な日々」

とても可愛い花で様々な品種があるので選んでいて楽しくなります。

花も長持して、寒さに気をつけ手入れをすれば、毎年花を咲かせてくれます。

 

他には、アジサイも良いですね。

最近は母の日に送る人も増えて来ています。

でも剪定をしてあげないとドンドン大きくなるので、飾る場所があるお家向けですね。

しっかり剪定さえしてあげれば、サイズは可愛く保てますよ。

 
関連記事:
母の日いつ2017、その由来や意味とカーネーションの由来と意味って?

 

まとめ

いかがでしたか?

母の日に贈る花はいろんな種類がありますよね。

いろいろ悩むと思いますが、お母さんに何かを贈るという気持ちだけあれば十分かもしれません。

お母さんの立場からしたら自分のために選んでくれた物なんだから、きっと嬉しいはずです!

なのでそこまで、深く考えずに直感で「これだ!」と思ったものを贈る事が一番かもしれませんね。

なにを選んでも、渡す時に「ありがとう」と言えば大丈夫です!!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑