紫外線アレルギー検査できる病院、何科?検査方法と費用はいくら?

公開日: 

外へ出て、帰って来るとなんだか肌が変、痒い!

それは紫外線アレルギーかもしれない!

そんな時って、なんか不安ですね。

まずは病院へ行きましょう!

でも、何科へ行ったらいいのか?

どんな検査をやるの?

どのくらいお金がかかるの? など気になる事はいっぱいですよね。

そんな疑問を解決していきましょう!

スポンサードリンク

紫外線アレルギー検査ができる病院はどんな所?

紫外線アレルギー検査ができる病院はどんな所?

 

紫外線アレルギーとは、紫外線に当たる事で起こるアレルギー反応です。

つまりは日差しに当たる事でなるというわけですね。

 

また紫外線アレルギーは他にも言い方があり、

「日光アレルギー、日光過敏症、日光性皮膚炎」などと言われることがあるんです。

では、「紫外線アレルギーかも!」と思ったらどこの病院、何科へ行けばいいのか?

肌に異変があったら、皮膚科やアレルギー科を診断しましょう。

 

でも、症状が肌の異変(じんましんや水ぶくれ)が起これば紫外線アレルギーを疑うのですが、肌以外の症状や食べ物でもなる場合があるため気づかない人も多いようです。

自分や家族が紫外線アレルギーかもしれないと思っているならまず、どんな症状が起こるのか?を読む事をおすすめします。

 

紫外線アレルギーで何科へ行けばいいのか迷っている人は?

どんな症状が起こるのか?でも書いてあるように、目や身体への異変もあるため、「これって皮膚科に行ってもいいの?」とよく分からない人もいるでしょう。

そんな時は、総合病院などの大きな病院で症状を説明して、診てもらうことをオススメします。

 

紫外線アレルギーの検査方法は何やるの?

紫外線アレルギーの検査方法は何やるの?

では、検査はどんなことをするのかを見ていきましょう。

 

まずは、「光線過敏症検査」という検査をします。

これは紫外線に含まれる「UVB」や「UVA」を含んだ光を背中に当て、1~2日後に反応を診る検査です。

そしてここで、反応が出たらさらに調べるために「パッチテスト」「血液検査」を行います。

 

  • パッチテスト
正確には、光パッチテストと言い、
簡単に言うと、アレルギー反応があると思われる科学物質を塗り反応を診るものです。
これで紫外線アレルギーの原因が、飲んでいる薬や塗っている薬が問題なのかを診ます。

 

  • 血液検査
これはアレルギー検査の事です。

紫外線アレルギーだけではなく、花粉やダニ、薬、食物、ハウスダストなどの反応を検査するものです。

 

紫外線アレルギー診断時のポイント

受診する時に、症状が出た時の写真を撮っておくと診断の判断材料になるので、発症時に写真で撮っておくと良いでしょう。

また、どのくらい外に出て、どのくらい日光に当たったのかをメモしておく事も良いです。

スポンサードリンク

 

紫外線アレルギー検査の費用はいくら?

アレルギーも不安だけど、
財布の中身も不安!と思うのはあなただけではありません。

みんなそうです。

ではそんな不安を少しでも解消していきますよ。

 

紫外線アレルギーかどうかを調べるには、先ほど説明した検査をいくつかします。

医師の判断でアレルギー反応が出たと確認された場合は、検査費用は保険適用されます。

大体の相場は4000円~5000円と言われています。

 

そして、医師が検査の必要がないとされた場合は保険適用外になり、

費用は実費で、全国一律で検査実施費用が「1570円 + 1項目1100円」とその他もろもろが付きます。
これは変わる事もあるので、詳しく知りたい時は病院へ問い合わせと良いでしょう。

 

紫外線アレルギーの治療方法

検査して紫外線アレルギーと診断された場合は治療を行います。

主に日光に当たらな様にするのが大切なので、紫外線対策が絶対です。

また、軽症の場合は非ステロイド剤、軽度ではない場合はステロイド剤の塗り薬が処方されます。

あまりに重度の時は入院して、少しずつ紫外線に慣れていく治療もあります。

どんな症状だったとしても、医師の説明をしっかり聞き治療してください。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑