【マグマ塩】害はないのか、使い方はどうやると効果的なのか

公開日: 

【マグマ塩】害はないのか、使い方はどうやると効果的なのか

最近よくテレビなどで「マグマ塩」という塩が紹介されていますよね。

見た目は赤い塩で、硫黄の臭いがするもので食べて良しお風呂に入れて使ってもよしのこれから品薄になるかも知れないマグマ塩。

ですが、イオウ成分が多く含まれると聞くとなんだか「大丈なのか?」「害はないの?」と思ってしまいますよね。

では、そんな今話題のマグマ塩とは体に害はないのかを見ていきましょう!

スポンサードリンク

マグマ塩に害はあるのか

これからブームになるであろう「マグマ塩」!

このマグマ塩は硫黄が多く含まれているために食べても大丈夫なのか?体に使っても大丈なのか?など不安に思う人は多いはず。

では、害などはないのか?

マグマ塩の効果としては代表的なのは、酸化還元効果です。

酸化還元と言われても、具体的に何が良いのかわかりませんよね。そしてなんだか人体も還元されそうw

 

酸化還元力とは

分かりやすく言うと、酸化還元効果とは体内に蓄積される油は酸化してしまうのですが、そうなると体が疲れやすくなったり不具合が悪くなるなどが症状が出たりします。

ですが、蓄積された油を酸化還元して抑制することで健康的になると言われています。

また、インスタント食品に含まれる添加物も中和してくれるんです。
これは酸化還元力は塩素を無害化することが出来、化学合成添加物などの毒性を弱める効果があるからです。

 

これは気をつけろ!

では、なぜ害があると言われているのか?

まずは、利用方法があっているのかが大事です!

料理用薬用などがあるので、その用途には気をつけましょうね。

 

マグマ塩は硫黄など様々な成分が多いので食用では良いのですが、薬用となるとまた成分が変わってくるので注意です。

また、いくら食用でも過剰な摂取も良くはありません。
マグマ塩って言うくらいですから、食べ過ぎると塩分や成分の摂り過ぎになるのでこれも注意が必要です。

 

他にも

マグマ塩をお風呂に入れると、肌がスベスベになると言われていますが、これは簡単に言うと肌が溶けます

肌を保湿するバリアみたいな物も剥がれてしまいので注意ですね。
これに関しては、お風呂の入り方でも触れています。

 

このことから、あまりに長湯をすることも体にとって害があると言えますね。

またアクセサリーなどを付けたまま、マグマ塩を溶かしたお風呂に入ると金属類が腐食する原因となるので絶対に外してから入浴してください。

 

スポンサードリンク

マグマ塩の使い方

まずは、食べ物に使う事がマグマ塩の独特な香りが楽しめていいですよ!

食べた人は皆、口を揃えてこう言います「臭!」っと、これは硫黄の香りなんです。

例えるなら、温泉街の臭いゆでたまごの臭いですね。

ですが、これがクセになる風味なんです!!

不思議にまた食べたくなる風味^^

 

オススメの食べ方は茹でた野菜に少しふりかけて食べることです。
また、カニやエビなどの甲殻類とも愛称がいいんです。

マグマ塩は硫黄成分や電解質が多いので、素材の旨味を感じやすくなりいつもと違う味わいが楽しめますよ。

 

またご飯を炊く時に、ひとつまみ入れるとご飯がふっくらと仕上がって冷めても固くならなくなります。
他にも脂っぽい食べ物にかけると脂肪の吸収が抑えられる事や、インスタント食品の添加物の毒性を弱める効果もあります。

 

マグマ塩をお風呂に

お風呂にマグマ塩を入れると、体に良くない塩素などを分解してくれて水素風呂に変わってくれます!

やり方は簡単で、沸いたお風呂に15~20gのマグマ塩を入れるだけです。

そうすると、湯船がアルカリ性になり美人の湯などと同じ効果になるんですよ!

少しぬるぬるする感じですね。

でも肌が弱い人は、無理な仕様は避けましょう。

マグマ塩ランキング【楽天】

 

まとめ

今回はこれからブームになるであろう、マグマ塩を紹介しました。

私は初めでマグマ塩を食べた時はあまりの硫黄臭さにビックリしました!

でもこれがクセになる!

ぜひお試しあれ。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑