【WBC】イスラエル空気読めないほどの強さ!準アメリカ代表?

公開日: 

【WBC】イスラエル空気読めないほどの強さ!準アメリカ代表?

2017年3月6日にWBCの1次ラウンドが始まりました!

強化試合では不安な感じでしたが、日本代表はなんとか連勝中ですね。

そんな2017WBCに、ダークホースが現れましたね。

 

それがイスラエル! 空気読めないほどガチで強いなんて言われるほどです。

プールAでは、韓国と台湾を破り第二ラウンドには確実。

 

そんなイスラエルの強さのヒミツは選手のほとんどがアメリカ選手というよく分からない事に!

なんでそんな事になっているのか。それはWBCの出場資格の項目が関係しているんです。

スポンサードリンク

WBCでイスラエルが空気読めないほど強い

2017年3月6日にWBCの1次ラウンドが始まりましたね!

前体会は、阿部の連発ホームランに世界が度肝を抜かれましたが、惜しくも優勝はできませんでした。

 

でも今大会の日本代表はやってくれるはず!っと思った瞬間に韓国が敗北!!!

それを知った瞬間、「え!?」と思った人は多いはず。

だって韓国を破ったのがイスラエルですよw

 

あの韓国がなぜ負けたのか?

そしたら、台湾までも負けてるしw

イスラエルに何があったのか?

 

イスラエルが勝った理由は、WBC代表メンバーは28人ですが、イスラエルの登録メンバーの28人の内、27人がアメリカ生まれ。

 

残りの1人のみがイスラエル生まれと言うとんでもないチームです。

おいおいこれじゃあ、空気読めないとか言われるよw

その唯一のイスラエル生まれの選手は、投手のリペツ選手です。この人にはなんだか頑張って欲しいけど…

 

イスラエルチームは、アメリカ生まれのユダヤ系の人がほとんどを占めていて、アメリカと言ってもメジャーリーガーではなく、マイナーチームでの若手選手が中心なのですが、その実力は本物です。

若手で体力とパワーがあるので、準アメリカ代表といいくらいの恐ろしいチームですね。

 

しかもその中には、ジェイソン・マーキー選手がいて彼は

メジャーリーグで「通算124勝」を上げている右腕投手。6年連続で10以上の勝利記憶を持っています。

38歳で、一度は引退をしましたが今回、復帰したんです!

 

そんなベテランハングリー精神をもった若手が揃っているので、打線と投手陣がハンパない!もう強すぎて「空気読んでください(涙)」としか言えませんね 笑

イスラエルは今回のWBCで本気を出してるなぁ

スポンサードリンク

 

なんでアメリカ選手がいるのか?

では、なんでこんなことになったのか?

それは、

「WBCの出場資格の項目」もまた空気読めない事が理由でしょう。

WBCの出場資格の項目

1、両親のどちらかが当該国の国籍でなければならない。

2、両親のどちらかが当該国で生まれていなければならない

このなんとも言えないユルユルな出場資格が原因です!

 

今回のイスラエル代表選手は「イスラエルに野球を広めたい」と言う気持ちでスラエル代表になっているようなんです。

イスラエルはサッカーはそこそこ強いですが、野球は全くもって強くないんですよ。

野球人口は約5000人程度、プロでも120㎞の球で問題ないくらいの草野球状態らしく、そこで今回のWBCで活躍して野球人口を増やしたいと言う狙いがあるようです。

でもかなりやり過ぎ感はありますね。

 

日本は今、2勝しているので、ほぼ第二ラウンドは決まっています。

そして、プールAはイスラエルとオランダが来ます!

どちらも強いですね!!

でもよく考えると、プールAってガチでヤバイですねw

プールA
韓国(3位)、台湾(4位)、オランダ(9位)、イスラエル(41位)

 

イスラエル以外、優勝しても可笑しくはないチームが揃ってる!そんな所で勝っているイスラエルはやっぱり強すぎて空気読めないかも 笑

日本代表はどんな試合をしてくれるのか楽しみですね。

 

イスラエルの注目選手

イスラエルの強さのヒミツであるメジャー級の選手達をご紹介します。

ガチで空気読めないw

 

  • ジェイソン・マーキー

メジャーリーグで通算124勝を上げている。

カブス、カージナルスなど9球団を渡り歩いたベテラン右腕投手。
6年連続二桁勝利。シンカーと高速スライダーで多くの勝利を手にした。

WBCのために「現役復帰」!!

 

  • アイク・デービス 

ドジャースのマイナー 内野手
2012年にはメッツで32本塁打を打っている。イスラエルの主砲か?

父親はヤクルトスワローズにいたことがあるロン・デービス。

 

  • サム・ファルド 

2011年にメジャー20盗塁、メジャー通算67盗塁

外野手
「スーパーサム」の異名を持つリードオフマン。

長打こそ少ないが盗塁するだけの俊足を持つ。センターの守備も好評。

 

  • タイ・ケリー 

内野手兼外野手

2016年メジャーデビュー、打率.241 本塁打1 打点7

昨季メッツで39試合に出場した。

 

  • ディラン・アクセルロッド

2013年にシカゴ・ホワイトソックスで128回1/3を投げた右腕投手。

 

登録選手

【投手】

ディラン・アクセルロッド(フリーエージェント)

コーリー・ベイカー(セントルス・カージナルス傘下)

ジェレミー・ブライヒ(サマセット・ペイトリオッツ)

クレイグ・ブレスロウ(ミネソタ・ツインズ傘下)

ダニー・ブラワ(フリーエージェント)

ゲイブ・クレーマー(カンザスシティ・ロイヤルズ)

タイラー・ヘロン(フリーエージェント)

ジェイク・ケイリッシュ(カンザスシティ・ロイヤルズ傘下)

アレックス・カッツ(シカゴ・ホワイトソックス傘下)

ディーン・クレーマー(ロサンゼルス・ドジャース傘下)

シャルモ・リペツ(イスラエル野球協会)

ジェイソン・マーキー(フリーエージェント)

トロイ・ニーマン(コロラド・ロッキーズ傘下)

R.C.オーラン(ワシントン・ナショナルズ傘下)

ジョーイ・ワグマン(オークランド・アスレチックス)

ジョシュ・ゼイド(フリーエージェント)

【捕手】

ライアン・ラバーンウェイ(オークランド・アスレチックス傘下)
ニック・リックレス(ワシントン・ナショナルズ傘下)

【内野手】

スコット・バーチャム(コロラド・ロッキーズ傘下)

アイク・デービス(ロサンゼルス・ドジャース傘下)

コディ・デッカー(ミルウォーキー・ブルワーズ傘下)

ネイト・フレイマン(フリーエージェント)

タイ・ケリー(ニューヨーク・メッツ傘下)

タイラー・クリーガー(クリーブランド・インディアンス傘下)

【外野手】

ザック・ボレンスタイン(アリゾナ・ダイヤモンドバックス傘下)

サム・ファルド(フリーエージェント)

ブレイク・ガイレン(ランカスター・バーンストーマーズ)

マイク・マイヤーズ(ボストン・レッドソックス傘下)

【指名投手枠】

リチャード・ブレイアー(ボルチモア・オリオールズ)

ジェイク・フィッシュマン(トロント・ブルージェイズ傘下)

ブラッド・ゴールドバーグ(シカゴ・ホワイトソックス)

ケニー・コプロブ(フィラデルフィア・フィリーズ傘下)

ジェレッド・レイキンド(ピッツバーグ・パイレーツ傘下)

ライアン・シェリフ(セントルス・カージナルス傘下)

ザック・ソーントン(ニューヨーク・メッツ傘下)

 

まとめ

これだけの選手が揃ったイスラエルなので「強すぎて空気読めない」とも言われても仕方無いかもしれませんね。

もう準アメリカ代表みたいなもんですよねw

そして、第二ラウンドでは間違いなく当たる相手なので、日本代表はどうやって戦うのか注目ですね!

第二ラウンドは、東京ドームで12日~16日ですよ!

そして決勝は22日、アメリカのドジャース・スタジオ。
果たして日本代表は行けるのか?行って欲しい!!

スポンサードリンク

 
●芸能まとめ記事

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑