ミサイル避難方法でマンホールや土管へ逃げるのは有効か?

公開日: 

ミサイル避難方法でマンホールや土管へ逃げるのは有効か?

北朝鮮の動きが怪しくなっている今、やっと日本はミサイル避難方法を発表しましたね。

そこで、こんな事を考える人がいるようです。

マンホールや土管へ逃げれば大丈夫?

確かに地下鉄などに避難しましょうと言っているので、マンホールなども大丈夫な気がしますがどうなのだろう?

 

結論から言うと「オススメはしません」。

もし核爆弾を落とされたら3つの脅威があります。

 

その3つを見ながらマンホールや土管が安全なのかを見ていきましょう。

ここでは専門知識などは入れずに説明しますよ

 

スポンサードリンク

ミサイル避難方法でマンホールや土管に逃げる?

先日、やっと政府がミサイル避難方法などのマニュアルを出しましたね。

でも、それは当たり前の事ばかり・・・

もうテレビでも言っている事でしたね。

「日本何してんの?」と思った人も多かったでしょう。

 

では

そんなミサイル避難方法を調べると「マンホール」や「土管」などが出てきます。

これは「ミサイルから避難するのにはマンホールや土管へ逃げればいいのでは?」と思った人が検索したものでしょう。

じゃあ本当にマンホールなどの下水道に逃げるのがいいのか?

 

結論から言うと「微妙です!」

もし核ミサイルが日本に落ちたらどうなるのか?

 

主な脅威は3つ

熱線」「爆風」「放射能

 

この3つなのですが、真っ先に死んでしまう可能性が高いのは「熱線と爆風」でしょう。

ではマンホールや土管へ逃げればどうなるのか見ていきましょう。

 

マンホール・土管で「熱線」は防げるか?

ではマンホールなど下水道に逃げると安全なのでしょうか?

まずは熱線です。

 

核爆弾などで「ピカドン」って聞いたことはありますか?

これはピカっと光ってから、ドンっと爆発音がしたから言われているものです。

 

つまりまず初めに光が来るわけです。

これが熱線で、爆心地からの距離で違いはありますが、光を浴びれば焼けてしまいます。

そしてこの熱線は太陽光線と似ていて、光を遮る物があれば防げる可能性が上がります。

 

なので、マンホールなどに逃げれば一時的には生き延びることは出来るでしょう。

でも、爆心地からある程度離れていないと意味がありません。

 

また爆風の事も考えないといけない。

 

マンホール・土管で「爆風」は防げるか?

では、マンホールや土管へ逃げれば爆風は大丈夫か?

これは生き延びること難しいですね。

 

まず初めに、マンホールのフタってそんな簡単に開ける事は出来ません。

素手では難しいですね。

そんな事をするなら、さっさと他の所に逃げる方がいいでしょう。

 

もしマンホールに入る事が出来たら爆風からは逃れられるのか?

爆弾の威力でも変わって来ますが、

下水道の中に逃げれば、爆心地から数百メートル離れていれば、なんとか生き残る可能性があると言われているようです。

 

地震大国日本の下水道は丈夫ですから、爆心地からある程度離れていれば爆風には大丈夫かも?

ですがマンホールに逃げることにはリスクがあります。

 

それは、爆心地から土管を伝わり逃げ込んだ所まで爆風や熱風が来る可能性があります

また入り口が塞がり出れなくなることもあります。

 

日本に爆弾を落とされたら、「マンホールに人が居るだろうから探してみよう!」なんて救助隊は最優先にしないでしょう。

なので運良く生き延びても、長時間マンホールの中にいることになるかもしれないですね。

下水道には有毒ガスもあるので、そんな所で生きれるでしょうか?

 

その他にも、放射能が入り込む可能性も!

スポンサードリンク

 
ミサイル避難方法はここへ逃げろ!!
北朝鮮ミサイルが日本に落ちたらどこに逃げるのがいいのか?
 

マンホール・土管で「放射能」は防げるか?

では3つ目

放射能はどうなのか

 

爆風、熱風、熱線などと比べて、放射能はすぐに死んでしまうものではありませんがその後に大きく関わることは分かりますよね。

 

でも、高濃度を浴びれば危ないですが・・・

ではマンホールや土管など下水道に逃げれば大丈夫なのか?

単純に降り注ぐ放射能からは逃れることは出来るでしょう。

 

熱線と同じで遮る物があれば防ぐ事はできます。

 

1センチの土では「1/150」に

1センチのコンクリートでは「1/200」くらいに減らす事は出来ると言われています。

 

ですが、上から降り注ぐだけではありません。

広島、長崎などの被害で「黒い雨」って聞いたことがありますか?

これは放射線などの有害物質を多く含んだ雨の事です。

 

では、雨はどこへ行きますか?

雨水を流すための「下水道」へ行きますよね。

 

もしマンホールを開け下水道へと逃げ込んだら、黒い雨から汚染される可能性が高いでしょう。

他にも、下水道が割れた隙間から放射能などが入ってくる可能性だってありますよね。

 

なので結果としては、マンホールや土管へ逃げるのはあまり良くないと言えるでしょう。

地下鉄や地下施設に逃げるのが一番です。

 

まとめ

ミサイル避難方法でマンホールや土管へ逃げ込むのがいいのか?

それはあまり良くないかもしれない。

熱線からは守れても、張り巡らせれた土管から熱風が来るかもしれない。

土管自体が崩れるかもしれない。

 

そして放射能の侵入が心配なので、あまりオススメはできないでしょう。

なので他に避難場所の地下鉄などがあればそっちの方がいいですね。

もし無ければ、最悪マンホールでも生きる可能性があると思いますが・・・

スポンサードリンク

 
次に読むべき記事
1、北朝鮮がミサイル発射した時の日本の【迎撃確率や可能性】とは!

2、北朝鮮ミサイルが日本に落ちたらどこに逃げるのがいいのか

3、北朝鮮がミサイル発射して日本に落ちる動画はガセだった?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑