冷蔵庫って梅雨の収納大変だ!100均で食中毒回避ブログ!

公開日: 

冷蔵庫って梅雨の収納大変だ!100均で食中毒回避ブログ!

涼しい季節も終わり、これから暖かくなると気をつけたいのが食中毒ですね。

とくに梅雨は怖い・・・

 

鍋に入れた料理を、そのまま冷蔵庫に入れたけど物が一杯入っていて入らない・・・

そんな経験がある人は多いはず。

鍋が入れば、どれだけ楽かw

 

他にも、食べものを外へ出しておくと悪く季節ですから、冷蔵庫に入れる物は多くなる。

だからこそ、冷蔵庫の整理整頓が大切な時期!!

 

では、どうやって冷蔵庫内に収納すればいいのか、このブログ(ページ)で見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

冷蔵庫の収納はどうする?

冬場は鍋に入れていた物をそのままに出来ましたが、暖かくなる季節はそうもできない!!

他にも、梅雨はパンなども腐りやすいから冷蔵庫に入れるものが多くなる・・・

 

そこで重要になるのが、冷蔵庫内の収納です。

このブログ(ページですがw)、どうやって収納すればいいのか説明していきますよ!

簡単で確実なのは、100均グッズを使うのがいいでしょう。

 

冷蔵庫に100均で収納!

梅雨には掃除などでも100均グッズが便利ですが、冷蔵庫の収納にも重宝します。

 

冷蔵庫に鍋を入れること前提ですが、

鍋を冷蔵庫に入れるには、仕切りの高さをあげると入りますよね。

でも、そうすると鍋は入るけど横がガラ空きだったり、その上がデッドスペースになってします・・・

 

それでは、収納以前の問題ですよね!

前提として鍋ごと冷蔵庫に入れたい!!!

そうすると、100均のアイテムを使うのがベスト!

 

冷蔵庫の収納「鍋対策」

だいたい鍋を冷蔵庫に入れる時って、段を高くして鍋を入れますよね、でもそうすると横がガラ空きでスペースの無駄使いになってしますね。

 

そんな時は、よくシンク下にある100均の「コの字ラック」を入れるとだいぶスペースの有効活用が出来ますよ!
こんな感じのヤツです。
これ⇒折りたためる頑丈【コの字ラック】積み重ねて使える丈夫なコの字ラック/積み重ね棚

 

もしくは鍋の上にラックを設置してもいいし。

100均には、様々な大きさのコの字ラックがあるので、冷蔵庫と鍋の大きさに合わせて使うといいでしょう。

 

冷蔵庫の収納「100均ケース」

鍋以外にも、冷蔵庫には調味料だったり、缶ビールだったりいろんな物が入りますよね。

そこで、100均のケースやボックスなどを使うと便利!

 

100均にはホントいろんな仕切りやボックス、ケースがあります。

それらを上手く使うことで、冷蔵庫の中がスッキリするはず。

 

とくに細かい物を入れると便利だし、汁物がこぼれてもケースが汚れるだけなので、冷蔵庫はきれいに保てる。

そしてなにより、どれがどこにあるのか分かる!

これが本当に良い。

 

また、パパパっと出し入れできれば電気代の節約にもなるw

他にも、「本立て」なども使うと意外と便利!

 

ケースやボックスも、プラスチックや金属製のカゴなどいろんな種類があるので、自分の好みで統一すると見た目もキレイでなんだかそれだけで満足感がありますw

スポンサードリンク

 
掃除でピカピカにしてやれ!!
記事⇒ガスコンロの五徳の大掃除には重曹?簡単汚れ防止と臭い取り

 

冷蔵庫の収納のコツ

では、冷蔵庫の収納のコツとはあるのか?

 

それは多くのブログなどでも言われていることですが、やっている人は少ないのでは?

それは・・・

どれをどこに入れておくか、しっかりと決めておき「紙に書く」ということです!

 

だいたい、冷蔵庫に入れる物の定位置って決まっていますよね。

でも、紙に描く事まではしている人は少ないはず!

私も面倒くさいのでやっていませんでしたw

 

ですが、いざ紙に冷蔵庫の配置を書きてみると、「あれこれはどこだっけ?」となったりします。

なので、しっかりと紙に書き起こして位置を再確認すると、出し入れも早くなるし収納も上手くいきます。

 

冷蔵庫の収納に決まりはあるのか?

冷蔵庫の収納には、そこまでの決まりはないですが注意点と言えば、入れる物の位置です。

中でも、生肉は一番下の段に入れた方がいいです。

 

その理由は食中毒が、汁と共に下に垂れるからです。

生肉を上に置くと、汁がもし下のそのまま食べるケーキなどに垂れたら、食中毒になる可能性がありますよね。

 

これは食中毒が起きやすい梅雨の時期以外のいつでもありえます!

なので、もし汁が垂れても良いように、「生肉は下の段へ」と覚えておきましょう!

 

そしてその逆に、そのまま食べる様なケーキやお菓子などは一番に上に入れるようにしましょう。

なのでここでの大切な事は「食中毒の原因となる物は一番下の段へ入れましょう」という事です。

 

生肉や焼いて食べる魚などですね。

でも、刺し身は中段以上!そのまま食べるからです!

 

また、生肉の中でも「鶏肉は怖い」・・・

その詳しい事はこのブログ内の他の記事で書いてあるので読んでください。
鶏肉の胸とモモについての記事です。

これ⇒鶏肉のもも肉とむね肉の違いや調理方法&ヘルシーなのはどっち?

 

冷蔵庫の収納が決まったら掃除を!

冷蔵庫の収納を決めて、中の物を全部出したらしっかりと冷蔵庫内を掃除してあげましょう!

意外と冷蔵庫って汚いですからねw

 

いろんな汁が垂れていて、ベチャベチャになっている事もたまにある・・・

たまにはキチンと冷蔵庫をキレイにしてあげましょうね。

 

その時は、柔らかいスポンジで中性洗剤を付けて洗ってもいいし、アルコールやエタノールなどで拭いてもいいです。

それでも、汚れが落ちない時はキッチンペーパーに水分を染み込ませて汚れに湿布の様に貼って置くとふやけて簡単に落ちますよ!

 

冷蔵庫内は雑菌が多い!

それが原因で食中毒になったりもするので、しっかりと掃除してあげましょう。

とくに梅雨前にはやりたいですね。

また冷蔵庫の中だけではなく、外側のとくに取手の部分が冷蔵庫の中でも一番汚いんですよ!!

なので、取手は除菌して起きましょうね!

 

まとめ

冷蔵庫の中を収納するのは面倒くさい。

でも梅雨になると、入れる物は多くなる。

食中毒が多くなる季節ですから、作ったカレーなどは冷蔵庫に入れたい!

小分けにするのも面倒だから鍋ごと入れたい人も多いはず。

そんな時にここで紹介した方法で収納をしましょう。

スポンサードリンク

 
次にオススメ記事ランキング
1、ガスコンロの五徳の大掃除には重曹?簡単汚れ防止と臭い取り

2、布団のカビ除去はエタノール?フローリング敷きが原因と対処法

3、カビは体に害がある?原因でなる病気と発生させない予防策とは?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑