コーヒーが眠気覚ましの嘘ホント?飲んだら眠くなるのは体の慣れか!?

公開日:  最終更新日:2017/12/07

コーヒーが眠気覚ましの嘘ホント?飲んだら眠くなるのは体の慣れか!?

寝てはいけない大事な時には、やはりコーヒーで眠気覚ましだ!と飲む場面って結構ありますよね?
しかし!実は眠気覚ましになるのは嘘!だった?

 

逆に、コーヒーを飲むと眠くなってしまう!?
それ、実は体の“コーヒー慣れ”なのかもしれません。

これは、一体どういう事なのでしょう?
真実をお話ししていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

コーヒーが眠気覚ましって嘘なの!?それともホント?

眠気を覚まそうと一生懸命コーヒーを飲んでいたのに、眠気覚まし効果は嘘なの!?
そんな!!

いいえ、嘘ではないんです。
多少は眠気覚ましに効果はあります。

 

ただ、やはりこれも人によっては効果があったりなかったりですね。
日頃から、常にコーヒーを飲んでいる人は眠気覚ましの効果は感じにくいと思います。つまりカフェイン中毒ですね。

 

常にカフェインを感じているので、眠気覚ましにコーヒーを飲んだところで今更カフェインは効かないということですね。

それに日本人は昔から緑茶を飲む習慣があり、カフェインをよく摂取していたので、そもそもコーヒーのカフェインを摂取しても感じにくいという事もあります。

 

なので、コーヒーが眠気覚ましになるという話しは嘘ではありませんが、嘘でしょ!?という位、カフェインが効かないという人もいるということですね。

何なら、コーヒーを飲むと眠くなるという方もいる位ですが、それはなぜでしょうか?

 

コーヒーを飲んだら眠くなるのは何で!!

 

せっかく眠気覚ましにコーヒーを飲んだのに、何で眠くなってしまうのでしょう?

 

そもそもコーヒーは、眠気覚まし用の飲み物ではありません。
ホッと一息つきたい時、スイーツのお供などに飲んだりするものではないですか?

なので、コーヒーを飲むことでリラックスしてしまい、余計眠くなる!なんて事はありますね。
じゃあ、アイスコーヒーだ!と冷たいアイスコーヒーをがぶ飲みすると、体がびっくりして胃が疲れてしまい、だるくなり、余計に眠くなる

 

それとコーヒーには利尿作用があるので、
コーヒーを飲みすぎてトイレへ行く、という事を繰り返すと体が脱水状態になり、疲れて余計眠くなる、というスパイラルに陥ってしまいます。

コーヒーも、摂取の仕方によっては眠くなってしまうという事です。

 

眠気覚ましにコーヒーを飲むのであれば、ホットで無糖のブラックコーヒーを飲みましょう。
空腹の時に飲むと、胃がびっくりしますので何かと一緒に。
リラックスはあまりしないように!(笑)

この記事でも…
>>コーヒーを飲んでも眠れる方法!睡眠何時間前のカフェイン摂取がいい?
この様に、あまりコーヒーは超万能では無いという事ですね。

 

スポンサードリンク

コーヒーでも眠気が覚めないのは体の慣れ!?

コーヒーを飲んでも、リラックスしてしまい逆に眠くなってしまうという事でしたが、体がコーヒーに慣れてしまっているという事もあるんです。
つまり、体がカフェインに慣れてしまっているのです。

 

冒頭でもありましたが、カフェイン中毒です。
今更カフェインは効かないのです。
体に、カフェインに対しての耐性が出来てしまっているんですね。
だから、コーヒーでの眠気覚ましは意味がないという事なんです。

 

コーヒーで眠気覚ましがしたければ、1日1~2杯にしておきましょう。
その方が、カフェインを強く感じられ眠気覚ましになると思いますよ。

でも、カフェインの摂り過ぎは注意です!!
>>カフェインの注意点と1日の摂取量とは

 

コーヒーのウソホント まとめ

コーヒーが眠気覚ましになるのは嘘ではないが、コーヒーを飲みすぎると効果がなくなります!

コーヒーを飲むと、逆にリラックスしてしまって眠くなってしまうかも!
そして、コーヒーを飲みすぎると利尿作用が働きます。用を済ますと脱水状態になり、疲れて余計に眠くなります。

コーヒーを飲みすぎると、体がカフェインに慣れてしまい眠気覚まし効果はなくなる!

飲みすぎは注意ですね。
しかし、コーヒーを飲むと体に良い事もたくさんあります。
一日の量は適度に、美味しくコーヒーを飲んでくださいね。

スポンサードリンク

 
次の記事
>>コーヒーを飲んでも眠れる方法!睡眠何時間前のカフェイン摂取がいい?

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑