七五三はいつやる?子供の服装と親は何を着るべきか

公開日:  最終更新日:2016/11/11

11月になるとそろそろ七五三の事を考える親御さんも多いとは思います。

親として初の七五三をやるといった方も多いかと思いますし、
子供の服装や親の服装で戸惑う方もいると思います。

少し前の七五三は、数え年に神社にお参りをしてご馳走を食べて
お祝いする事がメインでしたが、

今では、写真館などでの記念撮影がメインになっている感じが強いです。

スポンサードリンク

七五三はいつやる?

七五三はいつやる?子供の服装と親は何を着るべきか

七五三はいつにやればいいのか?

3歳、5歳、7歳にやることは分かると思いますが、
意味まではよく分からない方のために

・3歳  髪置(かみおき):男女が行う儀式でこの日を境に髪を伸ばし始める。

・5歳  袴着(はかまぎ):男の子が初めて袴を着ける儀式。

・7歳  帯解(おびとき):女の子がいままで着用していた子供用の付紐から、大人用の帯を締める儀式。

 

このようなことから
男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳になります。

では、数え年でやるの?それとも満年齢でやるの?と悩む方が多いですね。

本来の七五三では、数え年なのですが最近ではあまり考えずに
家庭の都合や子供の成長過程で
数え年か満年齢を選んでやるところが多いようです。

 

実際に写真館やフォトスタジオ等で聞くと、
大体同じくらいだそうです。

なのでご家族の都合がいいタイミングや

兄弟が居て、年齢的にタイミングが合って

数え年と満年齢で一緒に
やってしまう事もよくあるそうです。

 

また数え年で神社でお参りをして
満年齢で記念撮影をやる事もあるそうで、

まだ子供に落ち着きがなく
撮影はちょっと大変かも知れないと
思っている親御さんはこの手を使うのも
ありかもしれません。

 

七五三での子供の服装は?

七五三での子供の服装は?

子供に着せる服装についてご紹介します。

まず気になることは、着物などは買った方がいいのか?それともレンタル?

ここが気になる所です。

 

やはり兄弟が多いなら買った方が良いかもしれませんが
保管の手間などが大変です。

スポンサードリンク

これらを考えて、レンタルを選ぶ方が最近では多いようです。

気になる相場としては7000円程度だと覚えておきましょう。

 

さて、どんな服装にするか

一番小さい3歳児のお祝い着は、帯は使わずに紐で結んで、
「被布」という和風が多いです。

「被布(ひふ)とは、着物の上に羽織る上着の一種」

現在の着物コートの先祖に当たるそうです。

被布はあまり窮屈ではないので
小さい子供にはいいでしょう。

 

5歳の男の子場合は

今では和装はもちろん洋装も多くみられます

入園、入学と同じスーツもいいでしょう。

男の子では参拝はスーツで行き
記念撮影では着物を着るご家庭が多く

着物で外に出たら汚れると言った心配も
少なくて良いと思います。

 

7歳の女の子の場合は

やはり女の子は着物がいいでしょう。

着物に関しては嫌がる子と喜ぶ子がハッキリ分かれます。

ですが7歳なら喜ぶ子が多いとは思います。

あと、男女ともに着物を嫌がる子供より、
草履を嫌がるお子さんが多いと思います。

 

こればかりは前もって鼻緒の
あるサンダルなどで慣れておくと良いと思います。

七五三は神様に「子供がここまで元気に育ちました。」と言うものなので、

無理にお金をかけなくても、いつもきちんとした格好であれば、神様も大目にみてくれるでしょう。

また、子供の体調やご機嫌などあると思いますので
普段着を持っていくといいかもしれません。

 

七五三での親の服装は?

七五三での親の服装は?

では親の服装はどんなものがいいのか?

七五三はあくまでも子供が主役なので
親の服装は子供よりも派手でないものがいいですね。

お父さんは黒かグレーのスーツが無難です。

 

お母さんはスーツでもいいですし
落ち着いたワンピースで良いと思います。

あくまでもフォーマルな服装に心構えましょう!

特に七五三では母親が一番疲れるので
動きやすいものが良いかもしれません。

 

まとめ

七五三は子供や親にとって大きなイベントです。

なので、夫婦だけでなくおじいちゃんやおばあちゃんの
力を借りた方が良い場合があります。

さらに孫のハレの日を近くで見せることもできるので
喜んでもらえるでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑