鏡餅の鏡開きはいつやるの?意味と由来、やり方真空パックの餅は?

公開日:  最終更新日:2016/12/03

正月のなると床の間などに飾る、鏡餅ですが

正月が終わると「鏡開き」ですね!でもよくやり方が分からない方もいるでしょう。

なので、ここでは

鏡餅の鏡開きはいつやるの?

鏡開きの意味と由来とは?

鏡開きのやり方とマナーや真空パックの餅の場合は?

についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

鏡餅の鏡開きはいつやるの?

鏡餅の鏡開きはいつやるの?

鏡開きは、神様のお供えが終わる松の内(1月7日)以降の「1月11日」に行います。

この日にちは、地域や土日祝日の関係で変わる事がありますが、基本「1月11日」です!

 

地域と言いましたが、関西では「1月15日」に行う事が多いようですね。

松の内が1月15日までのところでは、鏡開きは1月20日に行われます。

また関西の一部では、1月4日にやる所もあるようです。

 

なぜ、関東と関西で日にちが違うの?

鏡開きは「松の内」が終わった後にやるものと先ほど言いましたが、

昔の松の内は、15日まででした。

 

松の内とは、正月飾りを飾っておく期間の事で、

今は 関東で1月7日、関西で1月15日

松の内が15日だったので、松の内が過ぎた1月20日に昔は鏡開きをしていたんです。

 

ではなぜ、松の内が早くなったのか?

それは、時の徳川三代将軍「徳川家光」の亡くなった事が関係しています。

家光の命日が4月20日だったので、月命日の1月20日に

徳川幕府がその日に鏡開きを避けるようにして、1月11日にやる様に、御触れを出したんです。

 

鏡開きは松の内の後にやるものなので、

それに伴い、関東では松の内も15日から7日に変わり広まっていったと言われています。

ですが、この風習が関西では広まらずに今も松の内が1月15日のままなんです。

なので関西で鏡開きは、15日や20日に行うんです。

 

鏡開きの意味と由来とは?

 

鏡開きの意味とは

お正月には、その一年の年神様を迎える行事です。

そして、その年神様にお供えするのが「鏡餅」で鏡餅には年神様の魂が宿るとされ縁起物となるんです。

鏡餅はお供え物なので、神様がまだいらっしゃる松の内の期間は

下げたり、食べたりしてはイケない物なんです。しっかり松の内は飾っておきましょう!

 

そして、松の内が過ぎた後に

神様の力が宿った餅を食べる事で、その年の家族の無病息災を祈るとされています。

食べる事は「歯固め」と言われ、硬い物を食べる事で歯が丈夫にし、神様に願う意味もあるようです。

なので鏡餅は食べるまでが鏡餅ってことですね(^^)

 

鏡開きの由来とは

元々は、正月と仕事始めの区切りをつけるものだったんです。

これは当時の家柄で異なり

  • 武家の「具足開き(ぐそくびらき)」
  • 商家の「蔵開き(くらびらき)」
  • 農家の「鍬始め(くわはじめ)」

これらが一年のスタートとされていたんです。

 

そして、武家が行っていた具足開きは、鎧などの甲冑に餅を供えた「具足餅」があり。

これを下げて食べたことを「刃柄(はつか)」を祝う、といったようです。

また、女性は鏡台に鏡餅を供え、「初顔」を祝う、これもまた供えた餅を食べていたようです。

その当時は、1月20日に鏡開きを行っていた事から、「二十日(はつか)」にかけていた様です。

スポンサードリンク

日本人は昔からダジャレが好きですね(^^)

 
⇒「正月飾り」関連記事まとめ
⇒「年末」関連のまとめ
 

鏡開きのやり方とマナーや真空パックの餅の場合は?

鏡開きでは、刃物を使ってはいけません!

鏡開きのやり方とマナーや真空パックの餅の場合は? 刃物

それは、「神様に刃物を向けてはいけない。」事や、武家社会の風習で刃物で餅を切る事は「切腹」を意味し嫌われる、などが言われています。

また、なんで「鏡開き」(ひらき)なのか?

これは餅を「割る」のが縁起が悪いとされ、縁起の良い末広がりを意味する「開く」になったんです。

 

どうやって鏡餅を細かくするのか?

昔から、木槌で割るのが一般的でしょう。

でも、「家に木槌なんてない!!」と言う方もいるでしょう。

そんな時は、金槌などのでもいいですよ!

とにかく刃物以外の「鈍器」でやりましょうw

 

また、手でちぎるやり方もあります。

握力に自信があるのなら、そのまま・・・

力のない女性の場合は、カピカピに乾燥した餅を

数時間~半日程度、水に浸けましょう。そしてからラップで包んでレンジでチンして柔らかくしてください。

餅がラップにくっつきそうなら、餅をクッキングシートで包んでからラップをすると良いでしょう。

また、温め過ぎると餅が大変な事になるので、ほどほどに!

柔らかくなると簡単に手でちぎる事ができます。

 

鏡開きのやり方

・まずは神様に感謝して、手を合わせる

・ホコリやカビを濡れタオルなどでキレイにする。

・木槌で割る
この時、「よいしょ!」と言う掛け声をかけながら割る。

これが主なやり方ですが、地域によっても様々なやり方があります。

 

真空パックは?

昔ながらの鏡餅のやり方は分かったけど、

最近の真空パックなどのプラスチックの容器に入っている物はどうやるのでしょう?

鏡開きのやり方とマナーや真空パックの餅の場合は? 真空パック

容器の中に切り餅が入っているのは、便利ですが

中には、容器いっぱいに餅が入っている物もありますよね。

そういった物は密閉されていて、潤いがあり木槌で割る事も出来ない。

包丁で真っ二つにする?でも刃物はNGです。ではどうするか?

温める事が良いでしょう!

 

レンジでチンしてもいいし、フィルムをはがさないでそのまま茹でてもいいです。

少し柔らかくなったら、手でちぎれる様になります。

このとき火傷しないように気をつけてくださいね。

 

記事:正月飾りで玄関には何を飾る?いつからいつまで飾る?処分方法は?
記事:正月のしめ飾りの意味としめ縄との違いは?玄関の飾り方と位置

まとめ

鏡餅は神様へのお供え物、大小の丸餅に橙、ウラジロ、ユスリ葉をあしらう

中には、伊勢海老、串に刺した干し柿、扇、水引なども使います。

伊勢海老は豪華ですね(^^)

そして、床の間に飾る物ですが、床の間がないお宅では玄関から離れた部屋や居間に飾ってもいいんです。

いかがでしたか?

何気なく見ている鏡餅の意味ややり方を学んで、神様の力を少しでも頂きましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑