学校の先生にチョコ渡すのはアリ?バレンタインの注意と手作り市販?

公開日:  最終更新日:2017/01/15

バレンタインを前にして、学校の先生にチョコを渡したい。

好きと言うか、いつもお世話になっているから!でもチョコを渡すことで先生は迷惑に思わないのか?

困ったりしないか?そんな片思いな気持ちは誰にでもあるはずです。

ここでは、

学校の先生にチョコを渡すのはアリ?いいの?

チョコを先生に渡す時の注意点は?

バレンタインチョコは手作りと市販どっちがいい? についてご紹介します。

スポンサードリンク

学校の先生にチョコを渡すのはアリ?

学校の先生にチョコを渡すのはアリ?

 

学校の先生にチョコを渡してもいいのか?

先生の事が好き、人として尊敬している、いつもお世話になっているから。

いろいろな理由があると思います。でも先生にチョコを渡して困らないのか?大丈夫なのか気になりますね。

 

まず、結論から言うと、校則などに引っかからないのであれば「アリです!」

先生の声で、「もらえるのは嬉しい」と聞きます!

やはり先生も人間ですから、生徒から好かれるのは嬉しいはずですよね(^^)

なので渡すくらいなら問題は無い!

 

でも、ガッツリ「本命です!!」って感じを出すと先生は困ってしまうのでやめましょうね。

やはり生徒と教師の関係ですから!

片思いのままでいるのがお互いのためでもあるでしょう。

 

なのでここは、恋とかではなく先生へいつもの感謝の気持ちとして、チョコをあげるという考え方でいいのではないでしょうか?

先生にも、考えや都合もあるので、そこは割りきるしかないですね。変な噂がたって先生に迷惑をかけないようにしたいですから。

 

また「チョコを渡すと、変に思われないか?」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこは特に考えなくても良いでしょう!!

新任の先生ならまだしも、バレンタインを経験してきた先生はもう慣れているので、「そこまで考えていない」と言う先生が多いみたいですw

確かに、毎年あると先生も慣れますよね(;^^)

なので、そこまで気張らずに、普通に「いつもの感謝の気持ちなんで、食べてください」と、くらいの軽いノリでいいと思いますよ!

 

バレンタインチョコを先生に渡す時の注意点は?

バレンタインチョコを先生に渡す時の注意点は?

何か注意する事はあるのか?

 

告白をしてはいけない?

これはやはり、生徒と教師の関係ですから、先生は断らないといけません。

そうすれば、あなたは傷ついてしまいますし、先生も断る言葉を選ぶのに困っています。

これはお互いに良い事は少ないでしょう。

こればかりは、どうしようもありません。

 

もし先生にも、あなたへの好意があったとしても立場的には無理ですから、片思いのままの方がいい思い出として終われます。

スポンサードリンク

告白してから、優しかった先生の態度がなんか変わってしまった。なんて事もあり得ます。こんな事にはなって欲しくない。

 

どうしても告白をしたいのなら、卒業してからにしましょう。

卒業まであなたの気持ちが変わらなければ、告白していいと思いますよ(^^)

 

渡す時に、緊張して顔が赤くなったり、もじもじして明らかに、好きな感じが出ても告白さえしなければ大丈夫でしょう。

人間誰しも、好かれるのは嫌な気分はしませんから、告白をしたと言う事実さえなければいいんです(^^)

 

チョコの渡し方は?

チョコの渡し方は、義理チョコのような本命のような、軽い感じで良いでしょう。

「先生いつもお世話になってます。これどうぞ」「バレンタインだからあげるー」など

もし先生が結婚していて、子供もいるのなら「子供と食べてね」なども良いでしょう。
⇒「バレンタイン」関連記事のまとめ

先生にバレンタインチョコは手作りより市販?

先生にバレンタインチョコは手作りより市販?

手作りチョコと市販のチョコはどちらがいいのか?これも気になる所ですよね!

基本的には、市販のチョコが良いでしょう。

手作りは、手作りのものはちょっと苦手であまり食べたくはない人が多いです。

でも手作りチョコを渡したいと思うのが女心ですが、ここは我慢しましょう。

先生と生徒の関係では、市販の小さくて安いチョコがいいです。

 

なぜ、市販の小さくて安いチョコ

高めのチョコだと先生がお返しに何をあげればいいのか考えてしまいます。

これは真面目な先生ほど、考えてしまうものです。ただでさえ忙しい先生のためにもお返しが簡単な安い物がオススメです。

まぁでも、基本的にお返しは期待しな方がいいですし、チョコを渡す時は「お返しいらないよ!」と言うのが相手のためにもなるでしょう!

 

そして、なぜ小さいチョコがいいのか?

それは多いなチョコだと食べてもらえない可能性があるからです。

量が多いチョコは一人では食べれずに捨ててしまう事も考えられます。捨てなくても家族や他の先生にあげてしまう事も考えられます。

せっかく渡したチョコは食べてもらいたいですよね。

なので、簡単に食べてもらえる小さい物がいいんです。

これも相手の事を考えると言う事ですね(^^)

 

市販の小さくて安めのチョコなら、先生が全部食べてくれる可能性が高いですよね!

なので、小さいチョコを軽いノリで渡すのが一番いい方法だと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

恋心がある事は良い事ですね(^^)

でも、自分の気持ちを先生に伝える事が生徒と教師の関係では、良いとは限りませんよね。

それでも、いつもお世話になっているからチョコを渡したい!

そんな時は、自分の気持ちを押し殺して、チョコを渡すだけにしましょう。

チョコをもらった先生の事も考えて、お返しをしやすく食べやすい物をあげましょうね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑