頭皮の日焼けで薄毛になるの?原因は帽子?ハゲに日焼け止め塗る?

公開日: 

暖かい季節になり、日差しが強まってくる頃です。

紫外線や日焼けが気になりますね。特に薄毛の方は・・・

頭に日差しを受けて、毛や頭皮へのダメージも気になります。

なのでここでは、頭皮が日焼けすると薄毛がどうなるのか?

予防のための帽子で、蒸れると良くないって聞くけどホントなのか?

頭皮に日焼け止めを塗っても問題は無いのかについて紹介します。

スポンサードリンク

頭皮の日焼けで薄毛になるの?

頭皮の日焼けで薄毛になるの?

もともと髪の毛がある事で日焼けや紫外線などから守ってくれるのですが、毛の量が少ないと紫外線を直に受けてしまいます。

そうする事で、頭皮を守るために皮脂をたくさん出てしまいます。

守るために皮脂を出すのはいいのですが、もともと髪の毛に守られていた頭皮は弱く、日焼けなどをすると頭皮が劣化して過剰に皮脂を出してしまうんです。

余分に出た皮脂が毛穴に詰まったり、悪玉の脂が出たり頭皮の健康状態を悪くさせ、抜け毛の原因になるとも言われます。

 

また日焼けで頭皮が硬くなり、新しい毛の発育を阻害してしまい事あります。

なので、毛の量が少ない人は頭皮を日焼けさせない事が無難でしょう!

ハゲは日を当てるべからず!

これは薄毛の人だけではなく、坊主頭で頭皮に直接、日が当たる人も同じなんですね。

 

薄毛の原因は帽子で蒸れってホント?

頭の日焼けは薄毛の人にはあまり良くない事は分かりましたが、では紫外線や日差しから頭皮を守るにはどうするのか?

真っ先に思いつくの予防法は、帽子をかぶる事ではないでしょうか。

頭皮を日差しから守る面ではとてもいいアイテムですが、帽子をかぶると汗をかきどうしても蒸れてしまいますよね。

そこで「帽子をかぶり、蒸れる事でハゲる!」と言う悪魔の言葉を聞いたことがある人は多いのでは?

 

その答えは「△」です。

??

どういう事なのか?

まぁ蒸れが原因で禿げるかもしれませんが「蒸れ」が直接的な原因とは言い難い!

蒸れた頭をそのままにしておく事でハゲ散らかす!と言う事です。

 

つまり、蒸れて頭に汗をかきそのままにしておくと、雑菌が繁殖します。

その雑菌が毛穴や頭皮に悪さをして毛がやられてしまうんです!

頭皮の湿った状態を放置してはいけない」と言う事!!

 

なので、帽子をかぶって蒸れても良いですが、しっかりと汗を拭き、蒸れた時間を少なくする事が重要です。

出来ればすぐに頭を洗う方がいいでしょう。

 

湿った状態の時間が長いと雑菌は増えてハゲるのなら、お風呂上りにそのままにするといけないと思いますが、一般的な男性の髪の長さでは自然乾燥でも特に問題は無いようです。
かえってドライヤーで乾かすと、頭皮が乾燥するからよくないようですね。

 

また、蒸れた頭をタオルなどで頭を拭く時も注意が必要です。

蒸れて頭皮がふやけているので、強くゴシゴシと拭くと頭皮にダメージを与える事になるので、優しく拭いてあげましょう!

スポンサードリンク

ハゲの頭皮に日焼け止めを塗っても良いの?

では、最後に頭皮に日焼け止めを塗っても良いのか?について紹介します。

人によっては帽子が嫌い、都合上被れない人もいるでしょう。

 

日焼け止めの使用はどうなのか?

頭皮は敏感なので、あまりオススメはしませんが、最近は頭にも使える日焼け止めもあるので、それをしっかりと見極めて使えばいいでしょう。

 

ここで注意なのですが、

日焼け止めを使用した後は、一日の終わりにしっかりとシャンプーで洗い流しましょう!

それをしないと、かぶれたりして日焼けどころの話ではなくなるので!

 

また日焼け止めは効果の弱い物ならシャンプーでも落ちますが、強い物になると天然のオイルで先にクレンジングしないと落ちない物もあるので、結構大変というデメリットもあります。

なので自分に必要なものを見極めることが重要ですね。

毎日しっかりと洗い流す自信が無いなら日焼け止めの使用は諦めた方が賢明です。

 

まとめ

限りある資源は大切にしましょう。

日焼けで頭皮にダメージを負い、毛の生育の悪い。

帽子をかぶると蒸れてそれが原因で雑菌が悪さをして薄毛になるかも。

頭皮に日焼け止めはしっかり使用後のケアをすれば使っても良い。

これらの事を忘れない様に頭皮や残りの毛が健康に過ごせるようにしましょうね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑