やっぱりステーキの不味い評判や口コミは?いきなりのパクリ感がある!

最近のステーキ店と言って、まず思いつくのは「いきなりステーキ」ですよね!

量り売りをすることでも有名になって多くのメディアに紹介もされていましたが、今では業績不安ではないかと噂されている・・・。

そんなステーキ業界に新たな死角が!
それが「やっぱりステーキ」・・・!

なんか、あれですね・・・。「いきなりステーキ」「やっぱりステーキ」似てる。パクリ感もありますがどうなのか。

そんな、やっぱりステーキですが検索をするとあることが出てきます。

それが「やっぱりステーキ まずい」などと。

やっぱりステーキは本当にまずいのでしょうか?

ここでは
・やっぱりステーキとはどんな店?
・やっぱりステーキは不味いという評判や口コミは?
・いきなりステーキのパクリなのか?

などを見てきましょう!

スポンサーリンク

やっぱりステーキとはどんな店?

ステーキ店の定番といえば昔はファミレスっぽい雰囲気の「宮」だったり「けん」だったりとありましたが、今では「いきなりステーキ」が有名ですね。

 

そんなステーキ業界に聞いなれない(なんか聞いたことがある感じ)のお店が出てきました!

それが沖縄発の「やっぱりステーキ」!!

では、やっぱりステーキってどんな店なのでしょうか?

 

スタイル的には、いきなりステーキを同じ感じですが、大きく違う点がいくつかあります。

 

やっぱりステーキは食券制

いきなりステーキでは量り売りをして提供、そして食後に精算のスタイルですが、やっぱりステーキでは先に券売機で食券を買います。

でも、もしかしたら今後の全国展開ではスタイルが変化するかも?

やっぱりステーキの価格帯


やっぱりステーキでは、1000円~3000円の商品がメインです。

それに対して、いきなりステーキではもう少し高めの2000円~っといた所ですね。

やっぱりステーキのメニューの主力は、赤身肉の
「やっぱりステーキ 180グラム:1000円」
「やっぱりステーキ 270グラム:1480円」
「やっぱりステーキ 360グラム:1980円」
※時期によって変動の可能性あり。

「赤身ステーキ 180グラム:1000円」
「赤身ステーキ 300グラム:1480円」
「赤身ステーキ 400グラム:1980円」
※時期によって変動の可能性あり。

 

やっぱりステーキのサラダバー

多くの人が注目しているポイントである「サラダバー」

これはお肉を注文をすると、「サラダバー&ご飯&スープが食べ放題」という素晴らしいサービスです。

いきなりステーキでも一部店舗でありますが、それとは別格のやっぱりステーキ!

 

デブ殺し「替え肉(おかわり)」

また、やっぱりステーキの得意的なサービスとして、替え肉があります。

これは簡単に言ってしまえば、お肉のおわかりができるんです。

値段は、「やっぱりステーキ90g:500円」「赤身ステーキ100円:500円」とリーズナブル!

このサービスは、上野や秋葉原にある「ステーキタケル」にもあるサービスですね。

やっぱりステーキは不味いという評判や口コミは?

ステーキ界の新生「やっぱりステーキ」ですが、ネットで検索をするとあることが出てきます。

それは「やっぱりステーキ まずい」っと!

果たして、やっぱりステーキは不味いのか?

Twitterなどでも多くの人はやっぱりステーキの写真をアップしていますのでそれを見てみましょう!

 

 

・・・正直に言うと、物凄く美味しいには見えない。

ですが、これは見た目の話です。もう少し焦げ目があったほうが良いような気もしますが、これには理由があるんです!

 

それは、赤身肉に対する愛情とも言える「焼き加減」です。

たしかに写真を見ると焼きが甘いようにも思えますが、これでいいんですよ。

カリカリに焼いてしまうと、肉が固くなってしまう。

 

また、やっぱりステーキのプレート(皿)には、溶岩プレートを使用しています。

その溶岩プレートで、「好みの焼き加減に焼いてください」っとスタイルなんです。

なので、まずい訳ではない!

 

しかも、食べた人の感想を見ていると、ほぼと言っていほど「やっぱりステーキはうまい!」と言っています。

また、肉の質もやっぱりステーキは力を入れていて

肉の産地は、アメリカ産の牛肉で米政府の基準グレードの上から二番目の「USチョイスグレード」を使っているんだとか!

↓グレードをわかりやすく書いてあります
米国食肉輸出連合会 公式サイト

 

では、なぜやっぱりステーキが不味いなどと噂が出たのか?

それは、まず写真の写りでしょうか。先程も言ったように確かに肉の焼きが甘い気がしますね。

でも、これはお肉を美味しく柔らかくするための工夫!

なので、焼き目をそこまで付けない焼き方なのでしょう。

 

そして、次に考えられる不味いと出てくる要因は「まだ行ったことは無い人」が美味しさを気になって「まずい」と検索をして口コミなどを見た結果かと思います。

 

まぁ探せば、やっぱりステーキは不味いと言ったような口コミもあると思いますが、探す限り美味しいと感じる人のほうが圧倒的!!

同じ感じのいきなりステーキでは、不味いと言う口コミは確かになりますが・・・。

そんな、やっぱりステーキといきなりステーキですが、店名が似ていますよね。

もしかしたら、パクリなのか?

スポンサーリンク

 

いきなりステーキのパクリなのか?

やっぱりステーキ、いきなりステーキ。

似ている・・・。

確かに名前が似ている、と言うよりもそっくり!!

これはパクリの予感ですね。

 

そしてネットでも「やっぱりステーキ パクリ」と出てくる。

これを見た瞬間「やっぱりステーキやっぱりか!」と思ってしまいましたが、多くの人もそう思ったようです。

では、やっぱりステーキはいきなりステーキのパクリなのでしょうか?

 

まず、両者は系列店でも同じグループでもない。

そして1号店の出店時期は
・やっぱりステーキ 2015年2月 沖縄那覇
・いきなりステーキ 2013年12月 東京銀座

そういう事か・・・。

いや、でもたまたまステーキの前に4文字のひらがなが来ただけですねW

「やっぱり、ステーキはうまい!」といった意味なのでしょうか。

 

そして、看板のフォントも似ている・・・・。

これは、飲食業界には食欲をそそるフォントがあるので、それを使っただけでしょう・・・。

そういった事にしておきましょう!

だって、入り口に社長の顔無いし。

まとめ

沖縄から出てきた、ステーキ界にケンカを売る「やっぱりステーキ」!

そんな、やっぱりステーキですが「まずい」などと噂がありましたが、これは美味しさを求めるための工夫だった。

やっぱりステーキの肉はうまい!これは間違いがなさそうですね。

そして、店名が似ていて、いきなりステーキのパクリではないか?という疑問。

これは何とも言えないですねW

でも、これを機にステーキ業界が盛り上がれば結果オーライなのでは?

そんなやっぱりステーキは沖縄をメインにチェーン展開をしているので本州や都心でも見ることがあるかもしれないので、できたら是非行ってみよう!

スポンサーリンク

コメント