平昌五輪の人面鳥の意味は何?ネットの反応とは!

公開日: 

平昌五輪の人面鳥の意味は何?ネットの反応とは!

2018年2月9日に平昌オリンピックの開会式がありましたね!

そこで、日本…いや世界が度肝う抜かれたのが、あの「人面鳥」ですねw

あの人面鳥、なかなかの不気味さ…。
何か意味はあるの?

 

「夢にまで出る」なんてネットなどでは言われていました。

そこで、なぜ韓国はオリンピックの開会式にあの怖い人面鳥を出したのか?

その真相を見ていきましょう。

スポンサーリンク

平昌オリンピックの人面鳥!その意味は何?

人面鳥、襲来!!!

 

2018年、平昌オリンピック

そこで世界が恐怖した!?

それは2月9日の平昌オリンピックの開会式でしたね。

そのパフォーマンスのなかで「人面鳥」が出たんです。

 

しかも、それが結構怖い…。

「夢に出てきそう…」
「オリンピックにシーマンがwww」

なんて言われる始末です。

 

ちなみに「シーマン」ってこのゲーム!

楽天市場で調べると「デビッド・シーマン」も出てくるww
これ→ シーマンはまだ生きている!「楽天」

 

話は戻り、

オリンピックの開会式ってその国の文化だったり紹介するのはわかります。

なので、何かしらの意味があることは理解できる。でも怖いでしょうw

では、あの人面鳥の意味って何だったのか?

 

スポンサーリンク

人面鳥の意味とは何!!

なんでも、平昌オリンピック開会式のガイドブックにその説明があったみたい!

「人の顔をしている鳥は、高句麗時代(紀元前1~7世紀)の壁画に描かれていた神話の不死鳥が元…」

 

なるほど、不死鳥なんですね!

確かに、あの人面鳥は死にそうにないですねw

つまり!平昌五輪の人面鳥は「フェニックス」ってことですね!!!

 

そして
韓国では、不死鳥は「平和な時代にしか仕方を現さない」「天と地を結ぶと言われている。」と言われているみたいです。

平和の祭典オリンピックには、あの人面鳥は確かにこの説明を聞くと納得ですね!!

 

でも人面鳥のビジュアルがちょっとね…。

ですが、平昌五輪の開会式を観ている人たちをヒヤッとさせたのは事実でしょう。

しかも、会場はとても寒かったみたいですね。

 

当時の気温は「マイナス22度」程だったようですから、2つの意味で寒気がしたのかもしれませんね。

では平昌の人面鳥を観て、ツイッターなどの反応ってどうだったのでしょうか?

 

オリンピックの人面鳥を観てネットの反応は?

平昌五輪の開会式の人面鳥をみてツイッターでのやはり話題になっていますねw

 

まとめ

そんあこんなで、平昌五輪の開会式に出てきた不気味な「人面鳥」。

その意味とは、平和な時代に出てくる不死鳥だった!!

それにしても、見た目が怖いw

北朝鮮などの問題が多い韓国ですが、人面鳥パワーで平和になってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑